糸魚川・上越写真紀行 4

――0

p200506_01.jpg

『月不見(つきみず)の池』

藤の花が見られるということで足を運んでみたのですが、
ここがなかなか面白い場所でした。

p200506_02.jpg

古びた看板。
もうここからちょっと雰囲気が変わります。

p200506_03.jpgp200506_04.jpgp200506_05.jpgp200506_06.jpg

藤の花が咲いていましたが、
それよりもここの独特な雰囲気に息を呑まれていました。

p200506_07.jpgp200506_08.jpgp200506_09.jpgp200506_10.jpgp200506_11.jpg

何か踏み込んじゃいけない場所に踏み入れてしまった感じ。

p200506_12.jpgp200506_13.jpgp200506_14.jpgp200506_15.jpgp200506_16.jpg

不自然に置かれたような巨岩。
そこから苔や木が生えています。
どうしたらこんな地形が生まれるんだろう。

p200506_17.jpgp200506_18.jpg

数十年放置されたかのように植物が蔓延っています。

p200506_19.jpg

見れば見るほど不思議な所でした。
まさにパワースポットという感じで、
若干人の手が加えられているんですが、
それに風化が加わって更に異様な雰囲気に。
霊感はあまり感じない方ですが、
ここはかなりビシビシと感じました。
正直怖かったです。
結局、藤の花は数枚しか撮れませんでした...。

にほんブログ村 写真ブログへ

ランキングに参加しています。
クリックして頂くと励みになります。

Thank you for your comment!

Post a comment.